コモドレンジャーブログ@Southern Star Cruise ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

スイートホーム❤

コモド諸島への玄関口、ラブハンバジョー。
元々は『漁業の町』でしたが、
1970年代にコモドドラゴンに
注目が集まるようになってからは、
観光業にも力を入れるようになりました。
ラブハンバジョーはコモド諸島への
一番最初の玄関口です。

そんなラブハンバジョーの空港前。
先々月よりモニュメントの建立が始まりました。
空港に行く度に「何が出来るんだろうな~?」。
徐々に見えてくるその形…
コモドドラゴンと思われる形…
「やっぱりドラゴンなのかな~~?」

先日お客様のお迎えで約1ヵ月ぶりに空港へ行くと、
なんと完成しておりました。

『コモドドラゴン』のモニュメント!

monument

岩の上と下、2頭のコモドドラゴンが彫られています。
ただ、上のドラゴンの後頭部が波打っており、
クルクルと巻き髪スタイルにした鬣(タテガミ)の様に見えます。
これは、可愛らしいのか…いや、そうでないのか…
その判断を下す為、ローカル人の
『なにやってんだ?』的な視線を体じゅうに浴びつつ、
悩ましい心持で暫し石像の前に佇んでいた
“コモドドラゴン大好き”ガイドEです。こんにちは。

12月17・18日1泊2日コモドツアー。
この度のお客様はジャカルタからお越しの社長様と部下のお二方様。
社長様のご希望でコモド島へ行く前に
リンチャ島へも少し立ち寄ることになりました。
レンジャーステーションのキッチンの下には
コモドドラゴンの成体8頭&子ども1頭。
子どもドラゴンは元気に歩き回っておりました。
大人ドラゴンたちはというと、
日向でジッと体を温めておりました。
そのうち暑くなってきたようで
ズリズリと日陰に移動。
それも一斉(笑)

コモドドラゴンは、
私たち哺乳類、また鳥類のように
体内に体温調節機能を持ちません。
そう、コモドドラゴンは変温動物です。
彼らは自然環境を使い体温を調節します。
一見、そのルックスから
コモドドラゴンは、

『危険』

『獰猛』

『冷血』

『残酷』

『卑劣』(ひどい…)

な生物、そんな恐ろしい生物は
夜、暗闇で蠢くんだ!
だから夜行性だ!
…と思われがちです。
が、彼らは“昼行性”です

太陽の出ている朝から夕方にかけて活動、
その太陽を使って体温調節をします。
日向に出たり、日陰に入ったり。

そして、太陽が沈む頃、
コモドドラゴンたちはどうするのか?
彼らはそれぞれ“巣”へ帰って行きます。

su

このように地面に穴を掘り
夜間体温を温存する為に
頭から突っ込んで寝ます。
マイホームです

因みに朝出る時は“バック”です。

コモドドラゴンたちのマイホームは
高台の斜面にあります。
何故そこなのか??
その高度、大変実用的なのです。
高いところに居れば、

① 寝ている間に海水や雨水が入ってきて
  体温が下がってしまうのを避けられる。
② 太陽に近い方が早く体が温まり、
  早く活動を開始できる。
③ 獲物の匂いを嗅ぎ易い。

という訳です。
そういう好立地条件の場所に
彼らはマイホームを建て、いや、掘ります。
生物の本能には本当に驚かされ、また感心します

そして、生物が種の保存の為に番(ツガイ)になる時
その多くが住を共にしますが、
その多例にもれず、コモドドラゴンも
雄雌で同居します。
弱肉強食の厳しい世界に生きる
コモド諸島最強“強面”生物コモドドラゴンも、
パートナーを見つければ、
夕方、見晴らしの良い高台に建つ、いや、窪む
マイホームへ戻り、
雄雌2頭並んで、
やっぱり頭から突っ込んで(笑)、
仲良く寝ます。
彼らの質素だけれども実用的なマイホームは、
この時から甘~い
“スイートホーム”
に変わります❤

皆さんもコモドドラゴン探索トレッキングで
彼らのマイホーム(時期によってはスイートホーム)を
覗いてみませんか?

因みにパートーナーがいる場合、

朝出る時は“順番にバック”です(笑)


読み終わったら、ぜひ応援クリックお願いします!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 スピードボードを使ったプライベートツアー、1泊2日コモドの旅。
 コモド島観光にピンクビーチでのシュノーケリング、フローレス島まで
 盛りだくさんでお楽しみ頂けます!
 ツアーの詳細はこちらでご覧下さい♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
1泊2日コモドツアー | trackback(0) | comment(0) | 2011/12/19 Mon

フローレス島で過ごす夜

コモド諸島には空港がないため、コモド観光の際には、
フローレス島のラブハンバジョーという街から船で出発となります。

P1120314.jpg


1泊or2泊のお客様も、ラブハンバジョーのホテルに宿泊となりますが、
みなさん、夜はどの様に過ごしているのでしょうか。
11月24日のツアーでは、私もお客様にご一緒させて頂きました!


ラブハンバジョーは空気がキレイで、街灯も少ないので、
夕暮れ~夜に掛けて、とても幻想的な景色がご覧になれます。

↓ 写真はMADE IN ITALYという、レストランからの景色です。

DSCF5245.jpg

DSCF5249.jpg

DSCF5252.jpg

3枚とも、撮った後の写真の色は変えていません!
このまんまの景色が見られますよ~

もちろん、暗くなった後は満天の星空・・・
残念ながら、私のカメラでは撮影できませんでしたので、
ぜひぜひフローレス島に本物の星空を見に来て下さいね☆



DSCF5262.jpg

海と空と星と、こんな素晴らしい景色を見ながら、楽しかった
ツアーの想い出を語り合い、美味しいイタリアンを頂く・・・
最高に贅沢な過ごし方でした!!



読み終わったら、ぜひ応援クリックお願いします!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 スピードボードを使ったプライベートツアー、1泊2日コモドの旅。
 コモド島観光にピンクビーチでのシュノーケリング、フローレス島まで
 盛りだくさんでお楽しみ頂けます!
 ツアーの詳細はこちらでご覧下さい♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
1泊2日コモドツアー | trackback(0) | comment(0) | 2011/11/30 Wed

コモドは雨季です!

1年の大半は雨がめったに振らないコモド諸島ですが、
12月~2月が雨季となり、最近は雨が降ることもあります。

コモドに限りませんが、インドネシアの雨は主にスコール。
ザーーーっと降って、数分~数時間で止むことが多いんです。


11月20日の1泊ツアーでは、お客様がホテルにチェックイン直後、

ザーーーーー!!!

DSCF5081.jpg


写真だとちょっと分かりにくいでしょうか?
ホテルのロビーに降り込んでくるくらいの大雨・・・




こんなことを書くと、ツアー催行が難しい様に感じられますが、
この日も昼間はこの通り、青空が広がっていましたよ♪

DSCF5096.jpg


現地の人の話では、スコールは大概が夕方~夜に掛けてで、
昼間は晴れていることが多いそうです。
(絶対ではありませんが・・・)



しかも、今コモドはダイビングのお客様にとってはオフシーズン!
コモド島ほぼ貸切で観光!なんてことも多いので、ドラゴン観察
するなら、穴場シーズンです♪

DSCF5072.jpg


コモドドラゴンを見たあとには、貸切のピンクビーチで
思いっきり遊ぶのもお勧めですヽ(´▽`)ノ



読み終わったら、ぜひ応援クリックお願いします!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 スピードボードを使ったプライベートツアー、1泊2日コモドの旅。
 余裕をもったスケジュールで、雨季でも催行しています。
 穴場な時期を狙って、ぜひコモド観光へお越しください!!
 ツアーの詳細はこちらでご覧下さい♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
1泊2日コモドツアー | trackback(0) | comment(0) | 2011/11/23 Wed

目線も三者三様

ジャングルの多い熱帯雨林気候のインドネシア国内で、
唯一、サバンナ気候地帯である特殊な島々、コモド諸島。

Park.jpg

大地は荒涼としています。

そんな厳しい自然環境ではありますが
ふと目線を上に転じれば、

花

こんなキレイな花が咲いていたりもするのです。

性格&見かけに依らず、『お花大好き』ガイドEです。

コモドは、動物は勿論のこと、環境や植物も大変面白いので
『自然』がお好きな方も是非お越しくださいませ!

さて、本日は10月25・26日の1泊2日コモドツアーでのお話
お客様は日本からお越しのお若い『秘境大好き』ご夫婦。

先ず、通常通りコモド島でトレッキング。
コモドドラゴンを大から小まで“ご堪能”いただきました(笑)。
その後、世界的にも大変珍しいピンク色の砂で出来たピンクビーチへ。
こちらのピンクビーチ、ビーチだけでなく
ビーチ前の海の中も大変面白いのです!

ここはコモド諸島の中央部。
上げ潮の時は南のインド洋の、
下げ潮の時は北のフローレス海(西部太平洋)の海水が流れ込んで来ます。
よって、海の干満に応じて海水の透明度や温度が変化します・・・
そして、そんな環境に暮らす海中生物たちは…

海


「なぜ?」「何??」と思われた方!!

是非一度コモドへお越しくださいませ♪
皆様にグラスボトムボートで海の中をご覧いただきながら
弊社ガイドがそのご質問に丁寧にお答えいたします!
さらに!!
「ピンクビーチの海の中をもっと身近に感じたい!」と仰るお客様には
グラスボトムボートご乗船後、スノーケリングもしていただけます

この日、ご主人様はスノーケリング、奥様はビーチでのんびり。
スノーケリングをされるご主人様を、
奥様とガイドEはビーチから見守っておりました。
その時の奥様とガイドEの会話:

(奥様):「私は仕事柄、生物をついつい違う目線で見ちゃうんですよ。」

(ガイドE):「お仕事は何を?」

:「料理が仕事なんです。」

:「お料理?」

:「そうなんです。だからついつい料理家としての目で

見ちゃうんですよね。」

:「“料理家の目”とは?(まさか…汗)

:「例えば“どういう風にさばくか”とか“どうやって調理しよう”とか…」

:「……(ん~、やっぱり!笑)

というわけで、
奥様はトレッキング中にコモドドラゴンをご覧になりながら
そのさばき方を考えられていたそうです(笑)。
さらにはグラスボトムボートご乗船中、
“ウミキノコ”というキノコに似たソフトコーラル(軟らかい珊瑚)を
ご覧になった時も、『これはどう調理するかな・・・』と
ずっと考えられていたそうです。

:「ガイドEさんが、“エリンギの、笠を少し大きくした感じ”と仰って…」

はい、申し上げました(笑)。

そこで、奥様に魚屋に行った時のガイドEの目線のお話をさせていただきました。

“料理研究家でいらっしゃる奥様が料理家の目で生物をご覧になること”
“ダイバーでもあるガイドEが魚屋に行って「可愛い」「可愛い」と魚を見ること”

レベルの差はあれ(笑)、同様ですね、と。
ちなみにその後、
休憩を挟まれながらスノーケリングをされるご主人様を見守りつつ
奥様と【コモドドラゴンのさばき方】を話し合いました(笑)

この度の1泊2日コモドツアー、
お客様にヒト(人間)の面白さを改めて教えていただいた
楽しく有意義な旅でした!!



読み終わったら、ぜひ応援クリックお願いします!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 スピードボードを使ったプライベートツアー、1泊2日コモドの旅。
 余裕をもったスケジュールですので、コモド島でのトレッキングも、
 ピンクビーチでのシュノーケリングも、ゆっくり楽しめます。
 ツアーの詳細はこちらでご覧下さい♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
1泊2日コモドツアー | trackback(0) | comment(0) | 2011/11/09 Wed

頭上からの“覗き”

コモドドラゴンのあの体色、
サバンナ気候コモド諸島のカラーとしっかりマッチ、
彼らはいつも上手に周りの風景に溶け込んでいます。
それも、とってもナチュラル・・・
なので、トレッキング中、ガイドは周辺への警戒も怠りません!!

という訳で、トレッキング中よくキョロキョロしているガイドEです(笑)
先日の1泊2日コモドツアーでのこと。

ご昼食はトレッキングの終点にあるレストランでお取りいただくことが多く、
当日も同様、お客様と一緒にレストランで昼食を取っていました。

レストラン周辺にはコモドドラゴン大2頭と
1mほどの可愛い子供ドラゴンが居ました。
お客様と共に子供ドラゴンで ほのぼの していたところ、

『む・・・』

なにやら右後方斜め上からの視線を感じ、振り仰ぐとそこには
小~さな小さなドラゴンの顔

「わぁ~~~~~❤」

頭部の大きさから想像するに、体長約70cm。
きっと私たちが到着する前から屋根の上に居たのでしょう。
頂いているお弁当の匂いに惹きつけられたのか
屋根の縁からニョッキリと逆さまに顔だけを出し、密かにランチを“覗き見”
あまりの可愛さにお客様も大喜び。
私たちはいつから覗かれていたのでしょうね~(笑)

コモドドラゴン、コモド諸島において成体は食物連鎖の頂点に立っていますが、
体が小さい子供のうちは、彼らの周りは天敵がいっぱいです。
その為、ある程度体が大きくなるまで約3年間は木の上で暮らします。

木の上で暮らす子供たちもそうですが、中には今回のように
レストランの屋根上等まで出張してくる子も居るので(笑)、
コモドドラゴンを探してトレッキングをされる際は
常にご自分の周辺、お足元、そして
頭上にも是非ご注目を!!!



読み終わったら、ぜひ応援クリックお願いします!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 スピードボードを使ったプライベートツアー、1泊2日コモドの旅。
 余裕をもったスケジュールですので、コモド島でのトレッキングも、
 ピンクビーチでのシュノーケリングも、ゆっくり楽しめます。
 ツアーの詳細はこちらでご覧下さい♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
1泊2日コモドツアー | trackback(0) | comment(0) | 2011/11/08 Tue
back | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。