コモドレンジャーブログ@Southern Star Cruise ... 1泊2日コモドツアー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

貸切も可

コモド諸島で2番目に大きな島
リンチャ島。
その南の端、
ヌサコデ島に面したビーチでは
太陽が昇り暫くして
“走る”コモドドラゴンに
遭遇することがあります。
こちらへ突進して来ている訳ですが(苦笑)
コモド島でのトレッキング中は、彼等は
通常の~んびり、ウツラウツラしています。
この眠そうな目がまた可愛い!
コモド島へ行く都度
彼等に魅了❤されるガイドEです。
こんにちは。


☢ WARNING ☢

コモドドラゴンが前足で立ち
舌をペロリペロリと出し始めたら
コモドドラゴンからは目を離さず、走らず
ゆっくりと後ずさりで離れて下さい。
コモドドラゴンが完全に立ち上がった場合、
レンジャー及びガイドの指示に従っていただき
速やかにコモドドラゴンから
さらに距離を取るようにお願いいたします。
勿論コモドドラゴンの進行方向を確認しながら
後ずさりで。
くれぐれも撮影の為近づいたりされませんよう
お願いいたします。
この様な状況でコモドドラゴンに近づくと

大変危険です

彼等の進路を塞がない様ご留意いただき、
ゆっくりと、
レンジャー&ガイドよりもさらに後ろへ…


さて、1月19・20日、
1泊2日コモド島ツアーへ行って参りました。
お客様は、日本・岐阜からお越しのご夫婦。
ご主人様は元プロカメラマンでいらっしゃり、
今回のツアー中に撮影された素敵なお写真も

時折拝見する機会をいただきました

ありがとうございました!!

トレッキングルートは、
ショート、ミディアム、ロング、
と、ございます。
トレッキング開始前、
お客様にお好きなルートをお選びいただきます。
そして!!!
この度、お客様から、
ガイドEが常に心待ちにしております

“じゃ、ロング・トレックだね”

とのご回答。

わ~~~い♪

こちらのロング・コース、
所要時間は約2時間です。
そして、ショート&ミディアムでは
通過しない場所も通過いたします。勿論。
飛べない鳥“ツカツクリ”の産卵場、
コモドドラゴンの巣、等々。
ルート周辺もショート&ミディアムと比べ
“ジャングル感”に溢れております。
距離は長いですが、ルート上の高低差は
ミディアムとそう変わりません。
「体力に自信有り!」というお客様、
是非、ロング・コースのご選択を!!

因みに、この度覗いたツカツクリの産卵場、
穴のそばに大きな爪状の物で引っ掻いた様な跡、
周辺にはコモドドラゴンの尻尾の跡が残っており、
ツカツクリの卵はコモドドラゴンに
食べられてしまったようでした。
可哀想ですが、
そこは弱肉強食の世界、
“生態系”“食物連鎖”
ということで、
悲しがることもグッと我慢します。

続いて、スピードボートで10分程走り
ピンクビーチへ。
元プロカメラマンのご主人様、
このビーチの色をいかに実物に近く
ピンク色に撮影するか、
色々とお試しになられていました。
こちらのビーチも大変気に入っていただけ、
通常こちらでは
①グラスボトムボート
②ビーチ上陸観察
③スノーケリング
で、1時間ほど滞在することが多いのですが、
この度のお客様には、
スノーケリング無しで
1時間以上ご滞在いただけました。
お2人様が、
「気持ちいい」「最高だね」と
仰って下さる度に
ガイドEは嬉しい気持ちに

ヒタヒタと浸っておりました

インドネシアが雨季・オフシーズンのこの時期
コモドドラゴンもピンクビーチも

貸切

です!

是非一度お越しくださいませ!!



読み終わったら、ぜひ応援クリックお願いします!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 スピードボードを使ったプライベートツアー、1泊2日コモドの旅。
 コモド島観光にピンクビーチでのシュノーケリング、フローレス島まで
 盛りだくさんでお楽しみ頂けます!
 ツアーの詳細はこちらでご覧下さい♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
スポンサーサイト
1泊2日コモドツアー | trackback(0) | comment(0) | 2012/01/25 Wed

“動物園”ではございません♘

只今、雨季真っ只中のインドネシア。
熱帯雨林気候のインドネシアの中で
唯一サバンナ気候であるコモド諸島でも
雨に出合うことがあります。
降雨の際、お客様には

“カッパ”

をお召しいただきます。
弊社がご用意いたしております“カッパ”は、
形は“ポンチョ”、模様は
常にコモド諸島の自然の色に溶け込んでいる
コモドドラゴンに対抗(?)し、
迷彩柄”です。
このカッパ、とても可愛く、
着るのを大変楽しみにしております。

が、残念ながら私、
未だかつてマトモに着たことがございません。
まず、
①コモド諸島はサバンナ気候で雨が少ない
そして、
②たとえ雨が降ったとしてもすぐに止む。
以上の為、着る必要事態が無かったり、
たとえ着たとしてもすぐに雨が止んでしまったり。
「晴れている方が良いに決まっている!」
「可愛いカッパを着たい!!」
と、雨季に突入したインドネシアで昨今
ジレンマに陥り身悶えする(←オーバー)
ガイドEです。
今現在は、それほど着たければ自分で同じ物を購入し、
バリで自転車に乗る時に着ればイイ!!
という素晴らしい案も思いついております(笑)

さて、年も明け、
先日の1月13、14日1泊2日コモドツアー。
今回は、日本は福岡からお越しの、
同日より日本出張の為ガイド業務不可な上司が
歯嚙みして悔しがりそうな(笑)
“美女”お二方様をガイドさせていただきました。

コモド島へ上陸、早速レンジャー・オフィスへ。
なんと奇遇なことに、
「以前福岡に住んでいたことがある」
というレンジャーを発見。
お客様とレンジャーと少し九州のお話をした後、
いざ、トレッキング開始!!

今回は8頭のコモドドラゴンに会う事が出来ました。
まず、トレッキング開始後すぐにルート上で1頭。
私たちの行先の草むらから出没。
静かに見守っていると、三叉路になっている道を
私たちの居ない方へとノソノソ歩いて行きました。
後を追って行くと、先行くドラゴンは
ガサゴソと脇の草むらへ。
少し入ったところで止まり
座って首を伸ばしておりました。
獲物を探している様子。
緑の中で首を伸ばし座っているドラゴン。
お客様には素敵なお写真を
お撮り頂けたのではないかと思っております

その後、動物の水飲み場で2頭、
トレッキングルート終盤で1頭、
ご昼食をお取りいただくレストラン付近で4頭。
レストラン付近ではコモドドラゴン密度高の為、
コモドドラゴンが威嚇時に発する

「ムフゥ~~~~ッッ!」

という声を聞くことも出来ました。

お客様、こちらへ来られるまでは
「トレッキングとはいえ、きっと動物園のような場所」
「写真を撮る為、他の観光客とコモドドラゴンの取り合いになる」
と思われていたそうです。

そんなことはございませんよ!

私どもが辿るトレッキングルートは
ジャングルの中の元獣道、
出会ったコモドドラゴンたちは
お二方様でひとり占め(ふたり占め)。
ゆっくりと思う存分
観察・撮影をしていただき
喜んでいただけたのではないかと
思っております。

この度のお客様、
コモドドラゴンを「可愛い❤」と
仰ってくださいました。
「触ってみたい」と。
私も出来るものなら
触ったり抱っこしたいと思っております

ここに“同志”を見つけたような気がし、
とても嬉しく感じたツアーでした。

次回は是非コモドの海中へもお越しくださいマセ!


読み終わったら、ぜひ応援クリックお願いします!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 スピードボードを使ったプライベートツアー、1泊2日コモドの旅。
 コモド島観光にピンクビーチでのシュノーケリング、フローレス島まで
 盛りだくさんでお楽しみ頂けます!
 ツアーの詳細はこちらでご覧下さい♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
1泊2日コモドツアー | trackback(0) | comment(0) | 2012/01/18 Wed

スイートホーム❤

コモド諸島への玄関口、ラブハンバジョー。
元々は『漁業の町』でしたが、
1970年代にコモドドラゴンに
注目が集まるようになってからは、
観光業にも力を入れるようになりました。
ラブハンバジョーはコモド諸島への
一番最初の玄関口です。

そんなラブハンバジョーの空港前。
先々月よりモニュメントの建立が始まりました。
空港に行く度に「何が出来るんだろうな~?」。
徐々に見えてくるその形…
コモドドラゴンと思われる形…
「やっぱりドラゴンなのかな~~?」

先日お客様のお迎えで約1ヵ月ぶりに空港へ行くと、
なんと完成しておりました。

『コモドドラゴン』のモニュメント!

monument

岩の上と下、2頭のコモドドラゴンが彫られています。
ただ、上のドラゴンの後頭部が波打っており、
クルクルと巻き髪スタイルにした鬣(タテガミ)の様に見えます。
これは、可愛らしいのか…いや、そうでないのか…
その判断を下す為、ローカル人の
『なにやってんだ?』的な視線を体じゅうに浴びつつ、
悩ましい心持で暫し石像の前に佇んでいた
“コモドドラゴン大好き”ガイドEです。こんにちは。

12月17・18日1泊2日コモドツアー。
この度のお客様はジャカルタからお越しの社長様と部下のお二方様。
社長様のご希望でコモド島へ行く前に
リンチャ島へも少し立ち寄ることになりました。
レンジャーステーションのキッチンの下には
コモドドラゴンの成体8頭&子ども1頭。
子どもドラゴンは元気に歩き回っておりました。
大人ドラゴンたちはというと、
日向でジッと体を温めておりました。
そのうち暑くなってきたようで
ズリズリと日陰に移動。
それも一斉(笑)

コモドドラゴンは、
私たち哺乳類、また鳥類のように
体内に体温調節機能を持ちません。
そう、コモドドラゴンは変温動物です。
彼らは自然環境を使い体温を調節します。
一見、そのルックスから
コモドドラゴンは、

『危険』

『獰猛』

『冷血』

『残酷』

『卑劣』(ひどい…)

な生物、そんな恐ろしい生物は
夜、暗闇で蠢くんだ!
だから夜行性だ!
…と思われがちです。
が、彼らは“昼行性”です

太陽の出ている朝から夕方にかけて活動、
その太陽を使って体温調節をします。
日向に出たり、日陰に入ったり。

そして、太陽が沈む頃、
コモドドラゴンたちはどうするのか?
彼らはそれぞれ“巣”へ帰って行きます。

su

このように地面に穴を掘り
夜間体温を温存する為に
頭から突っ込んで寝ます。
マイホームです

因みに朝出る時は“バック”です。

コモドドラゴンたちのマイホームは
高台の斜面にあります。
何故そこなのか??
その高度、大変実用的なのです。
高いところに居れば、

① 寝ている間に海水や雨水が入ってきて
  体温が下がってしまうのを避けられる。
② 太陽に近い方が早く体が温まり、
  早く活動を開始できる。
③ 獲物の匂いを嗅ぎ易い。

という訳です。
そういう好立地条件の場所に
彼らはマイホームを建て、いや、掘ります。
生物の本能には本当に驚かされ、また感心します

そして、生物が種の保存の為に番(ツガイ)になる時
その多くが住を共にしますが、
その多例にもれず、コモドドラゴンも
雄雌で同居します。
弱肉強食の厳しい世界に生きる
コモド諸島最強“強面”生物コモドドラゴンも、
パートナーを見つければ、
夕方、見晴らしの良い高台に建つ、いや、窪む
マイホームへ戻り、
雄雌2頭並んで、
やっぱり頭から突っ込んで(笑)、
仲良く寝ます。
彼らの質素だけれども実用的なマイホームは、
この時から甘~い
“スイートホーム”
に変わります❤

皆さんもコモドドラゴン探索トレッキングで
彼らのマイホーム(時期によってはスイートホーム)を
覗いてみませんか?

因みにパートーナーがいる場合、

朝出る時は“順番にバック”です(笑)


読み終わったら、ぜひ応援クリックお願いします!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 スピードボードを使ったプライベートツアー、1泊2日コモドの旅。
 コモド島観光にピンクビーチでのシュノーケリング、フローレス島まで
 盛りだくさんでお楽しみ頂けます!
 ツアーの詳細はこちらでご覧下さい♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
1泊2日コモドツアー | trackback(0) | comment(0) | 2011/12/19 Mon

フローレス島で過ごす夜

コモド諸島には空港がないため、コモド観光の際には、
フローレス島のラブハンバジョーという街から船で出発となります。

P1120314.jpg


1泊or2泊のお客様も、ラブハンバジョーのホテルに宿泊となりますが、
みなさん、夜はどの様に過ごしているのでしょうか。
11月24日のツアーでは、私もお客様にご一緒させて頂きました!


ラブハンバジョーは空気がキレイで、街灯も少ないので、
夕暮れ~夜に掛けて、とても幻想的な景色がご覧になれます。

↓ 写真はMADE IN ITALYという、レストランからの景色です。

DSCF5245.jpg

DSCF5249.jpg

DSCF5252.jpg

3枚とも、撮った後の写真の色は変えていません!
このまんまの景色が見られますよ~

もちろん、暗くなった後は満天の星空・・・
残念ながら、私のカメラでは撮影できませんでしたので、
ぜひぜひフローレス島に本物の星空を見に来て下さいね☆



DSCF5262.jpg

海と空と星と、こんな素晴らしい景色を見ながら、楽しかった
ツアーの想い出を語り合い、美味しいイタリアンを頂く・・・
最高に贅沢な過ごし方でした!!



読み終わったら、ぜひ応援クリックお願いします!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 スピードボードを使ったプライベートツアー、1泊2日コモドの旅。
 コモド島観光にピンクビーチでのシュノーケリング、フローレス島まで
 盛りだくさんでお楽しみ頂けます!
 ツアーの詳細はこちらでご覧下さい♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
1泊2日コモドツアー | trackback(0) | comment(0) | 2011/11/30 Wed

コモドは雨季です!

1年の大半は雨がめったに振らないコモド諸島ですが、
12月~2月が雨季となり、最近は雨が降ることもあります。

コモドに限りませんが、インドネシアの雨は主にスコール。
ザーーーっと降って、数分~数時間で止むことが多いんです。


11月20日の1泊ツアーでは、お客様がホテルにチェックイン直後、

ザーーーーー!!!

DSCF5081.jpg


写真だとちょっと分かりにくいでしょうか?
ホテルのロビーに降り込んでくるくらいの大雨・・・




こんなことを書くと、ツアー催行が難しい様に感じられますが、
この日も昼間はこの通り、青空が広がっていましたよ♪

DSCF5096.jpg


現地の人の話では、スコールは大概が夕方~夜に掛けてで、
昼間は晴れていることが多いそうです。
(絶対ではありませんが・・・)



しかも、今コモドはダイビングのお客様にとってはオフシーズン!
コモド島ほぼ貸切で観光!なんてことも多いので、ドラゴン観察
するなら、穴場シーズンです♪

DSCF5072.jpg


コモドドラゴンを見たあとには、貸切のピンクビーチで
思いっきり遊ぶのもお勧めですヽ(´▽`)ノ



読み終わったら、ぜひ応援クリックお願いします!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 スピードボードを使ったプライベートツアー、1泊2日コモドの旅。
 余裕をもったスケジュールで、雨季でも催行しています。
 穴場な時期を狙って、ぜひコモド観光へお越しください!!
 ツアーの詳細はこちらでご覧下さい♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
1泊2日コモドツアー | trackback(0) | comment(0) | 2011/11/23 Wed
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。